広い大地で農業できる!憧れの北海道移住計画

このエントリーをはてなブックマークに追加

新鮮で安全も魅力です

冷凍食品が発達して、海外の輸入品が豊富にある時代です。
しかし、冷凍をしない、捕れたての野菜、魚が如何に美味しいかは食べてみなければわかりません。
小生は捕りたての物を食べて育ってきましたから、新鮮な野菜や魚の味は直ぐ分ります。
特に味付けをしなくても、生でも、茹でただけでも食べた時の口の中に広がるなんとも言えない味は絶対に新鮮な物に限ります。
ですから、北海道に観光にこられたお客様には絶対に新鮮な食材を使用した料理を出すのが効果的です。
来道者にその味を味わってもらうとたちまちにして、その新鮮な味の虜になってしまうことは間違いありません。
その味に感動してその食材を持ち返って料理をして食べた所で、北海道で食べた料理の味は絶対に再現できないと思います。
その新鮮な味を求めて再び北海道を訪れることになるでしょう。

北海道に限らず、どこでも捕りたての食材を冷凍などにせずに即座に食べると美味しいに決まっています。
長距離輸送のため、または何日も保存するために冷凍をすれば必ず味は変わってしまいます。
もっとも冷凍技術が向上して、かなり新鮮な状態を保つような瞬間冷凍技術などが開発されてきました。
それでも採りたてには叶いません。
もうひとつ、化学肥料を使わない安全な農業を普及させる事に全力を注ぐべきです。
新鮮だ、農家の畑のすぐそばのレストランで料理することを考えると安全な農業を保証しているようなものです。
農業を目の前にお見せしているわけですから、安全な農産物を確認してもらうようなものです。
地味ではありますけれど、この魅力は海外と対抗しても負けない安心・安全です。